第44回日本肩関節学会 The 44th Annual Meeting, Japan Shoulder Society

Combined with The 1st Asia-pacific Shoulder & Elbow Symposium

会長挨拶

  • 菅谷 啓之
  • 第44回日本肩関節学会
    The 1st Asia-pacific Shoulder & Elbow Symposium
    会長 菅谷 啓之
    船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター長

来る2017年10月6日(金)より8日(日)まで、東京は品川にて第44回日本肩関節学会が開催されます。コメディカルも含めて年々参加者や応募演題が増加しているため、近年は学会場の手狭感を感じることも少なくありませんでした。そこで第44回は過去にない規模の会場である新高輪プリンスホテルの国際館パミールを確保し、従来までの日本肩関節学会と大きくフォーマットを変えて開催することと致します。

まず、9日(月曜)が祝日であることもあり、会期を6日(金曜)から8日(日曜)の午前中までの2日半としました。また、例年手狭な肩の運動機能研究会の会場を1400名収容可能な大会場とします。さらに、肩の運動機能研究会から看護の部を独立させ、第1回肩の看護研究会を200~300名ほど収容可能な会場を確保して独立させます。更に、最大の変更点は、近年の国際化を鑑み、第1回アジア太平洋肩肘シンポジウム(The 1st Asia-Pacific Shoulder & Elbow Symposium)を併催し、メイン会場として1400名収容可能な大会場を確保し、日本語と英語と両方を用いて誰もがディスカッションに参加できるよう、完全同時通訳をつけます。海外からは欧米をはじめアジア太平洋地域から総勢30名以上の講師陣を招待し、アジア太平洋地域からの一般参加者も積極的に受け入れようと考えています。

日本肩関節学会は世界的にも長い歴史を有するにも関わらず、最近まで学会の使用言語は日本語のみ、海外からの参加者も受け入れておりませんでした。グローバル化を受け、徐々に数年前から海外からの参加者や英語論文の受け入れを始めましたが、いまだに日本からの参加者を対象とした日本語のみによる学術集会の域を脱してはおりません。そこで、来年度は本学会をアジア太平洋地域における肩関節および肘関節外科医のための英語による学術集会へと総合的に変革し、“Pros & Cons: Seeking the Best Patient Care” をテーマに、国内外の著明な講師陣と参加者の熱く実りあるディスカッションのできる場を提供する所存です。

更に、2014年4月より、リバース型人工肩関節が本邦にも導入されましたが、現在まで4社5機種のデバイスが使用可能ですが、来年の本学会までには6社8機種のデバイスが使用可能となる可能性があり、また多くの先生方もそれまでにより多くの使用経験を積まれるために、経験豊富な海外講師陣との間のディスカッションも実りあるものとなることが予想されます。また、このような状況下に置いて、各メーカーもそれぞれブースレクチャーやワークショップを積極的に行えるような会場を別フロアに確保すると同時に、メイン会場、運動機能研究会会場と同じフロアに、広大なスペースを確保して展示会場と休憩スペースに当てます。

プログラムの詳細は未定ですが、6日が腱板、7日が人工関節と肩不安定症、8日が肩と肘のスポーツ障害と日ごとにテーマを設定します。演題募集は4月頃より行う予定ですので、演題応募を予定している先生方は、早めの準備をお願いいたします。我々運営スタッフ一同、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

  • 第14回肩の運動機能研究会
  • 第1回肩の看護研究会
  • Web抄録プログラム